BLOG

みなさまこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


からだフィズにはさまざまな症状をかかえるお客様がいらっしゃいます。

ただ、けがや病気は予想がつかないものです。

普段は股関節が痛くていらっしゃるお客様も、

ある日腰が痛くなることもあります。

いつもはひざが痛いお客様が、転んで手首を痛めることもあります。


最近は指や手の痛みやケガをされるお客様が多く、

からだフィズで対応させていただいております。


肩もひざも腰も痛いけど、誰に相談したらいいんだろう。

そんな時は一度からだフィズにご相談くださいね。

みなさまこんにちは。

リハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


さて、今回は動画です。

骨盤の動きの練習方法です。

初級編はあお向けに寝転がって行います。

中級編になると座って行い、上級編になると立った状態で行います。

ですからまず最初はあお向けから練習してくださいね。



反り腰の方も、猫背の方も、

腰と骨盤が一緒に動いてしまうことが多々あります。

もちろん構造的に全く連動しないわけではありませんが、

逆にいつも一緒に動いてしまうと

腰の負担が増えすぎて

股関節はほとんど使わない

という動きになってしまいます。


その結果はもちろん、

・・・腰痛

です。


動画を見ていただくとわかりますが、

ぱっと見少し動きがわかりづらいです。

そしてやってみると意外と難しい動きです。


ちなみに骨盤が後ろに動くと腰は丸くなり(猫背)

骨盤が前に動くと腰は反る(反り腰)

という動きになります。

それを自分で感じられるように両手を腰の下に置いているわけです。


これが楽勝だった方は中級編にトライしてみてください。

さらに中級編が楽勝な方は上級編があります!



みなさんこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


今日は「調子」について。

みなさんはかかりつけのお医者さんに「調子はどうですか?」と聞かれたら

なんと答えますか?


「あまり変わりません。」

「前と同じです。」

と答えたこと、ありませんか?

確かにわたしも反射的にそう答えたくなってしまうこと、あります。

でも本当に全く調子は変わらないのでしょうか?

からだフィズでお客様との会話でよく聞かれるのは

「ずっと同じで、痛み止めを飲んでいると痛くないんですよね。」

という言葉です。

じゃあどれくらいの頻度でお薬を飲んでいるか伺うと

「毎日3回飲んでいます。」

とのこと。


ということは、

実は痛みが軽くなっていたとしても

気づいていない可能性がある、ということです。

(強い痛みも弱い痛みも同じようにお薬で抑えられてしまうため)


明らかに前より動きが良くなった場合は特に、一度チェックが必要です。

お医者さんや薬剤師さんと相談して、

毎日ではなく痛いときだけ薬を飲むように変えたり、

薬の種類や量を変えていただいたりしてみてください。






こんにちは。

リハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


今日はからだフィズの日常の話です。

からだフィズはお客様とのコミュニケーションを大切にしています。

それはお客様のからだの調子がいいときも、悪いときも同じです。


みなさんきっと想像がつくと思いますが、

生活の中で「今日は家事がスムーズに終わったな」とか、

職場で「今日は仕事がサクサク進んだな」とか、

そんな日があると思います。


それと同じように体の調子も普段から良し悪しがあるはずなのですが、

多くの方が悪いほうに目が行きがちになります。

調子が悪いと、

あたかも振り出しに戻ったような気になってしまったり、しないでしょうか。


そうしてからだと一緒に気持ちも沈んでしまいがちですが、

からだフィズではできるだけ「よくなった」ところに目を向けるようにお伝えしています。


と、偉そうに書きつつも、

実はただ単純に楽しくお話しているだけだったりするのです。

最初と比べるとこんなによくなってます、と力説しているだけ(笑)。

人は一番調子が悪かったときのことって、だんだん忘れてしまうんですよね。


からだフィズは長期にわたって通ってきてくださる方が多いので、

最初からずっと経過を追うことができています。

だからこそ、お客様に「寄り添う」ことができているのかな、と最近思います。


それと同時に、

お客様から元気をいただくことがとても多いのは本当に幸せなことです。

最近はトレーニングの動画撮影が多いのですが、

慣れないと失敗も多く、

そうした報われない失敗話もお客様が一緒に笑ってくださることで昇華されて

元気を取り戻したりしています(笑)。

みなさまいつも本当にありがとうございます。


これからの日々も、

ひとりひとりのお客様に寄り添うような

からだフィズでありたいと思う今日この頃です。




みなさんこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


今回はテーピングについてです。

イメージとしては「スポーツ選手がするもの」という印象でしょうか。

でも、突き指したり、捻挫したりした時など、

みなさん人生で一度はテーピングを使ったことがあるのではないでしょうか??


テーピングをあまり使わない方は、余っていたりしないでしょうか?

まず大切なのは、


涼しい場所で保管すること!


温度が高いところで保管していると、

テープの糊が変質したり、

日焼けしたり(白テープだと黄色くなってきます)します。

するとちぎりづらくなったり、

テープの固定力が弱くなったり、

肌がかぶれたりする原因となったりします。


同じ理由で、購入してから年単位で使用していないテープも

使用すると十分な効果が発揮されなかったり、

自分の肌を傷つけたりするので、

使用しないようにしてくださいね。


余っているとちょっともったいないなあと思うかもしれませんが、

わたしの場合はテーピングの練習用として使ったり、

ただのテープとしてちょっと荷物をまとめるのに使ったりしてます。

(ガムテープほどの粘着力はないのでダンボール等には適しません!)


次はテーピングの種類等について書いていく予定です。





みなさんこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

最近はトレーニング動画の撮影と編集を頑張ってすすめております。

ほかの動画も知りたいという方は動画の左隅にあるからだフィズのロゴ(白い丸)をクリックしていただけると、動画の一覧が出てくると思いますので参照してみてくださいね。


さて、今回は、ザ・体幹トレーニング というやつです。

見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・?

これは、四つ這いの姿勢をキープしつつ足をあげるという運動です。

足をあげるときに背中が反ってしまった場合はアウトです。

あくまで背中は平らな状態をキープしたまま、足を上げ下げします。


有名なトレーニングで対角線上の手と足を同時にあげる運動がありますが、

今回の動画よりも難易度は上です。

ですから先にこの運動が上手にできるようになってから行うと

よりきちんと運動の効果が出るようになります。


これも運動中の姿勢は自分でチェックしずらいので、

鏡を見ながら行うか、

携帯で自撮りし、うまくできているか自分で見てみるのがおすすめです。


みなさんこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

今日の運動はこちらです。

「足で円を描く運動」です。

見ると結構簡単そうに見えますが、実はチェックするポイントが多く、

正確に行うのが難しい運動でもあります。

股関節が全方向にスムーズに動かせることを目的として、

きれいな円を描くことを意識して足を付けてから動かします。


大切なのは、上半身は動かさないこと。


上半身が動いてしまうと、

股関節の運動ではなく腰の運動になってしまうからです。

上半身を固定するには腹筋の力が必要です。


このエクササイズは鏡を見ながら行うのがおススメ!

みなさんトライしてみてくださいね。

みなさんこんにちは。

港区赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


今日は「バランスボールお尻上げ」の動画、第二弾です。

①より難しいので、①が上手にできた人だけ②にトライしてください。

3つバージョンがありますが、3番目が一番難しいです。

結構からだが揺れるのでバランスをキープしながら行うのは大変!

撮るのも難しいけど、編集だって難しいですね。

これは携帯で撮影してアップしましたが、

今回初めて字幕が入りました!


画面が暗かったりいろいろ見づらい点があるかと思いますが、

ちょっとずつ改善していく・・・(たぶん)と思いますので、

寛容にみていただけると大変うれしいです。


難易度はバラバラで撮影をしているので、簡単なのやら難しいのやらがランダムでアップされます。

今回の運動はかなり難易度高めです。

そのあたりもお伝えしつつアップできればと思います。


みなさんこんにちは。

港区赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

今日はトレーニング動画の話題です。


以前のブログで書いた通り、

時間があるときに少しずつですがトレーニング動画を撮っています。

基本的に自撮りになるわけですが、

・・・撮るって難しい!


撮った動画は少しだけ加工してYouTubeのからだフィズチャンネルにアップしています。

チャンネル自体はだいぶ前に作ってあったのですが、

アップする内容がなくて放置されていました。

ようやく今、出番です。

今回あげた動画は「バランスボールでのお尻あげ運動」です。

バランスボールをお持ちの方、意外といらっしゃるんですよね。

でも、座るだけ座って、他の使い方がわからなくて、

部屋の邪魔モノになってしまったりしていませんか?


使い方さえ知っていればとてもいいトレーニングツールなので、

お持ちの方は参考に使ってみてくださいね。

お家で運動不足だというかたも、ぜひ!


ちなみに意外とこの運動、難しいです。

筋力トレーニングと、

バランス練習の要素があります。


使用しているバランスボールは直径55cm、

ベッドに顔が隠れているのはわざとです(笑)。




みなさまこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

本日の解説は⑥パソコンについて です。


パソコンのチェックポイントは、

・ディスプレイは照度500ルクス以下で輝度やコントラストが調整できる

・キーボードとディスプレイは分離して位置を調整できる

・操作しやすいマウスを使う


挙げられているのはこの3点ですが、機器の種類や使い方によって注意点があります。


・デスクトップ型PCで複数のディスプレイ(モニター)を使う場合

 モニターを2つ以上使用して仕事をする方は、置く位置を調整してみてください。

可能でしたら上下に2つ並べたほうが首や腰をねじらずに作業ができます。パソコンとスマートフォンを同時に使いながら仕事をされる方も、モニターの前にスマートフォンのホルダーを置くなどして、首や腰に負担がかからないようにセッティングしてみましょう。


・ノートPCを使う場合

 キーボードとディスプレイが分離しないので、位置調整が少し難しくなります。また、携帯性の高い小さなノートPCの場合、キーボードサイズもかなり小さくなります。したがって文書作成が多い場合はキーボードやテンキーを別で付けたほうが楽に作業ができます。もうひとつ、ノートPCのディスプレイはデスクトップ型のものより低い位置にあるので、猫背になりやすいという特徴があります。普段からノートPCをメインで使用する方はPC台などを置き、その上にノートPCを置くといったように目線の高さまでPCを上げる必要があります。


・タブレット端末を使う場合

 タブレット型端末は画面にタッチして文字入力ができますが、その場合は画面を真上からのぞき込むような姿勢になってしまいます。これももし文書作成を行うようでしたら写真のように外付けでキーボードを購入したほうが作業が楽です。

(写真はロジクールのキーボードです)

またノートPCよりさらに小さいので、画面を長時間見るときは同様に台の上に置くなどして目線の位置に合わせ、猫背にならないように調整しましょう。



 こんな風にパソコンなどの端末を使うときは設置する高さや角度などを考えて、自分のからだに不要なストレスがかからないように配慮してあげてください。そうすることで肩こりや腰痛が減る可能性がありますよ。

みなさまこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


今回は作業環境のチェックポイント4と5について解説します。

3(室温・温度)に関してはさらっと書いておくと、

・室温:17度〜28度

・相対湿度:40%〜70%

・気流は0.5m/s以下で直接、継続して当たらないように

となっていますので、エアコンの風が直接体に当たらないようにすることが大切ですね。


さてさて、4と5は後ほど出てくる姿勢にも関係します。

椅子と机のチェックポイントは、

④椅子

・安定していて簡単に移動できる

・座面の高さを調整できる

・傾きを調整できる背もたれがある

・肘掛けがある


⑤机

・必要なものを配置できる広さがある

・作業中に脚が窮屈でない空間がある

・体型にあった高さである、または高さのが調整できる


・・・さて、皆様の机と椅子、いくつ当てはまるでしょうか?


リビングで作業される方は、ダイニングチェアを使っていらっしゃると思います。

するとこのチェックポイントはほとんど当てはまらないと思います。

かといってキャスター付き椅子を新しく買うのはな、と思う方は、ダイニングチェアにひと工夫が必要です。

できるだけ「自分の体に合うように(いい姿勢で作業ができるように)」調整しましょう。

(調整の一例は後述します)


また机に関しては、たとえ会社であっても自分の体にあった高さの机を使っていらっしゃるという方は少ないのではないでしょうか。

高さに関しては机より先に椅子で調整するのをおすすめします。

その上で大切なのは机の周りの「整理整頓」です。

オフィスで、机の下にたくさん物を置いているという方、いらっしゃいませんか?

机の上にもたくさん物があって書き物をする時に困ったりしていませんか?

机の上も下も十分な空間がないと、作業中に姿勢を変えたり、捻るなど無理な姿勢で作業をしたりしなければなりません。

ですから、ご自宅で作業される方も机の周りはスペースをしっかり確保してくださいね。


新しく購入を検討されている方は、椅子も机も「調整ができるもの」ということを頭に置いて選んでみてくださいね。

みなさんこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

今回は、

「肩が凝ってくると頭も重くなる」

「首の付け根が凝ってつらい」

「目が疲れて重たい」

「誰か肩甲骨の間おしてくれないかな・・・」

そんな方におすすめの、9月と10月限定メニューのお知らせです。

股関節と並び、からだフィズへのご相談が多い「首・肩のコリ」。

新型コロナウイルスへの感染予防対策が続く中で、在宅勤務も継続になっていらっしゃるお客様も多くいらっしゃいます。

その中で多いお悩みが、首や肩のコリです。


作業環境についてのブログでは気を付けるチェックポイントについて触れていますが、

環境が整っていないと自分を環境に合わせることになってしまいます。

肩こりや頭痛はその結果です。



この「首・肩スペシャル40」は、

・40分のコース(からだフィズでは珍しい)

・背中、肩、首、頭を中心に施術

・10月31日までの限定提供

・限定価格5000円(通常6000円)



30分コースよりもう少しすっきり感を得たい方にぴったりのメニューです。

ちなみに60分は7,500円で提供させていただきますのでご希望の方はお申し付けくださいね。

ご予約はこちら