BLOG

大変ご無沙汰しております。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るう厳しい状況下で、どのようにお客様の健康維持と機能アップのお手伝いができるか、悩ましい日々が続いています。

 そうした情勢の中でなんとか2周年を迎えることができたのは、多くのお客様と支えてくださる周りの皆様のおかげです。

 

 緊急事態宣言は解除されましたが、収束に向けての感染対策は引き続き重要ですので、今後とも清潔や消毒等、感染対策を十分行いながら皆様のからだのケアを行わせていただきたいと考えております。


 からだフィズは通常営業をしておりますが、相談はしてみたいけれどまだ来店は不安な場合、問い合わせフォームからご相談いただければお返事をさせていただきます。

体に関してお悩みがある方は気軽にご連絡ください。


 3年目もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさんこんにちは。

今回は新コースの股関節特化集中コースのお話です。


以前のブログでご紹介したときは、このモニターさまの初回最初と3週間後を

比べました。

今回は、その後どうなったの?というところをお伝え致します。

ちなみに最初の姿勢は、こんな感じでした。

ちなみに、左右両方とも変形股関節症と診断されています。

どちらかというと右のほうが痛みが強く、動きもかなり制限されていました。

横から見ると、ひざと股関節は曲がっており、右のかかとが浮いています。

からだは前傾していて、かつ猫背でした。



股関節特化集中コースは基本的に2カ月ですが、ご希望の方は3カ月まで延長が可能です。

このモニターさまも3カ月頑張りたいとのことで家での練習もすごく頑張られました。

(通う頻度は週1回で、あとの6日は家での自主トレーニングです)

そして3カ月経過した先日、改めて姿勢や動きを撮影してみることに。

それを時系列で並べたのが下の写真です。

左が最初、中央が3週間後、右が3か月後です。

・・・どうでしょうか?全然違いますよね!?


まだかかとは浮いていますが、股関節やからだはまっすぐに伸び、

猫背が解消されて姿勢がよくなっています。


ご本人が感じる「よくなったところ」は、

・楽に座って作業ができるようになった

・以前はどんな姿勢をしても常にどこか痛かったが、今はそれがなくなった

・行列に並んだり長く歩くと痛かったのが、今はそれがほとんどない

・バスや電車などのシートに長時間座っても痛みが出ない

・歩くときの痛みが減った

・姿勢がよくなった(猫背が解消されてシャツの肩幅が大きくなった)


という点を挙げてくださいました。

歩き方はここではご紹介できませんが、痛かった右足にもかなり体重をかけられるようになり、楽になってきたそうです。


この方も途中で別の箇所(足やひざなど)が痛くなったことはありましたが、

その時はそちらのケアを優先し、トレーニング内容も変更して対応させていただきました。

ですので、股関節だけでなくいろいろな箇所が痛いという方でも大丈夫!


時勢柄、外出が難しい今だからこそ、自宅をベースにトレーニングをしてみませんか?

ご興味がある方は下記からお問合せください!

お問合せはこちら

ご予約はこちら

3月末まで初回おためし7,500円(70分)で承っております!

こんばんは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


28日で本年度の営業を終えました。

今年一年、色々な出来事がありましたが、たくさんのお客様との出会いを糧に進むことができました。

これも支えてくださったみなさまのおかげです。

本当にありがとうございます。


新年の営業は1月4日(土)からとなっております。

新しい年もさらにパワーアップして、体のための「他にはないサービス」を提供できるよう努めてまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。


それではみなさま、よいお年を!

みなさまこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


いつか股関節に関してはまとめてお伝えできればいいなと思っていますが、

今回はモニターのお客様のご様子をお伝えさせていただきます。


ご紹介するのは変形性股関節症と診断された40代の男性です。


写真ひだりは初回の姿勢です。

写真みぎは4回目の姿勢です。

1週間に1回いらしてくださっていますので、モニター開始から丸3週間が経過したところです。

比較して、どうでしょうか?


・・・背筋が伸びていませんか!?


初回は座っているのも大変な状態で、

運動を指導しながら私も、どこまでよくなるかなと不安がありました。

それが、1カ月経たないうちに目に見える変化が出てくるとは。


ご本人からも、

・楽に座れるようになった

・両手が使いやすくなった

・姿勢がよくなった感じがする

・歩いたあとも疲れにくくなってきた

という感想をいただきました。


わたしが一緒にトレーニングをするのは1週間に1回、60分だけです。

その他はご自分で宿題を頑張ってくださっています。

その頑張りの成果ですね。


残念ながら痛みはあまり変わらないのですが、

こうして姿勢や動きに変化が出てきています。


改善の個人差はあると思いますが、

モニターの皆様と会うたびに、

「やれば変わるんだな」と感動しています。


ご自分にあった運動であることが大前提なので、

股関節症の方や、手術後の方でトレーニングに興味がある方は

ぜひ一度お問合せくださいね。








みなさまこんばんは。

港区赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

先日は株式会社バックテックさん主催のエンジニア向け肩こり腰痛相談会に

相談員として参加してきました。


バックテック(Back Tech)は独自のアプリ「ポケットセラピスト」を通じた

利用者さんへの健康情報の提示や、有資格者との個別の健康相談を行う

画期的なサービスを企業に提供しています。

現在までに数多くの大手企業に導入され、

各社の従業員の健康と生産性の向上に寄与している、今とても勢いのある会社です。


健康相談は普段はアプリ上でのやりとりなので、

相談員と利用者さんは顔をあわせることがありません。

今回はエンジニアさん向けの特別イベントということで、

対面での個別相談が開催されました。

そこに相談員としてお声かけいただき、イベントに参加させていただきました。

医療業界が長いとなかなか他の業種の方と関わる機会が少ないので、

今回エンジニアの皆さんと直接お話しできてとても新鮮でした!

前半では「エンジニアあるある」をお伺いしたのですが、

参加された皆さんは結構頷いたり話が盛り上がり、その意外さに驚きの連続。

デスクワークが長時間に及ぶと椅子に色んな座り方をされるようですが、

その座り方も多種多様。

直接お話をお伺いすることで実際のお仕事の雰囲気を垣間見ることができ、

また、仕事にあった肩こり・腰痛対策の必要性を強く感じました。

いや、ほんとにハードワーク!


ちなみにホワイトボードに描かれているのは

「ポケットセラピスト」のキャラクターの「ポケセラ」さんです。

かわいいなあ〜。(あんなイラスト描けたらいいのに)


施術のない相談会なので、普段と違ってお話を聞いてアドバイスをするのですが、

時間の制限もありますし、

きちんとお話が聞けて、いいアドバイスができたか心配なところはありますが、

また機会があればぜひ参加させていただきたいなと思っています。

港区赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

もう12月、今年ももうすぐ終わりですね。


さて、来年以降開始予定の股関節コースのモニターに多くの方からのお問い合わせ、ご応募ありがとうございました!

一番早い方はモニター開始から3ヶ月が経過し、目に見える変化や実感が得られるようになってきており、私としても嬉しい限りです。

やはりおひとりずつ状態が違いますので、スタート地点は当然異なりますし、そうなると自主トレーニングの内容も変わってきます。

そうしたところを、来年の本格スタート時に向けてどうするか、準備をしていきたいと思います。


股関節コースの特徴は「宿題制」というところです。

おひとりおひとりが自分の体に対してどう向き合い、取り組むかが改善の鍵となります。

モニターの皆様、本当に熱心でいらっしゃいまして、こちらの予想以上の伸びを見せる方が多く、「まずはやってみる」ことの大切さを実感しています。

まだモニターが続いていらっしゃる方もおられますので、その方は引き続き無理のない範囲で、どこまで目標に近づけるか一緒に頑張っていく予定です。


そして、やはり「早め」に越したことはありません。

変形性股関節症と診断され、まずは運動で対処したいと考えていらっしゃる方は、1月からの股関節コースで運動に取り組んでみてください。

手術後の方も同様に、退院直後の方から対応できますので、退院するけれど歩きに自信がないという方がいらっしゃいましたらお問い合わせください!



みなさんこんにちは。

赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。


病院に入院するというのは、どなたにとっても大きな出来事ですよね。

入院中は治療に専念し、治療が終わると退院になります。


さて、ここで問題です。

退院の日は、からだは何パーセント回復していると思いますか?


ここで大切なのは、

必ずしもからだが100%回復して退院になるとは限らない、ということです。

もちろん以前より調子がよくなって退院する方もいらっしゃいますが、

多くの方は以前の状態に戻る前に退院を迎えます。


とりあえず家の中は歩けるけれど、仕事に行けるほどの身体機能はない

自分のことだけならできるけれど、家事や買い物は手伝ってもらう必要がある

平地を歩くのは自信があるけれど、人ごみの中を歩くのはぶつかって転びそうで不安


こうした状態のとき、調子を戻していくためにどんなことをしますか?

誰に相談しますか?


調子が悪くなった後、ふたたび以前の生活ができる状態まで戻していくことを

リコンディショニング

と言います。

入院している間は一般的に「リハビリ」と呼ぶことが多く医療的な意味が強いですが、

退院後にトレーニングを続けるときは「リコンディショニング」を使うこともあります。


このリコンディショニングを専門にしているのが、からだフィズの退院後コースです。

リコンディショニングに携わるには、医学的な知識が必要です。

・入院中は調子がどれくらい悪かったのか

・どんな治療をしたのか

・今どんなお薬を飲んでいるのか などなど

これらを踏まえて、トレーニングメニューを考えます。


ということで、

退院はゴールではなく、新たな始まりです。

退院後もじぶんのからだに自信がもてず、外出がおっくうになったなどありましたら

からだフィズの「退院後リハビリコース」にご相談くださいね。









みなさまこんばんは。

赤坂のリハビリテーション&リラクゼーション からだフィズです。

今回も続けて五十肩(肩関節周囲炎)の話題です。

皆さんはどのタイミングで病院に行かれましたか?

それとも、まだ行っていませんか?



五十肩(肩関節周囲炎)は、一番最初の症状は「痛み」です。

前回の記事で、「炎症期」「拘縮期」「回復期」という3つの時期があると書きましたが、

このうちの「炎症期」が一番最初で、かつ一番痛い時期と言えます。



なんとなく病院に行きづらいな、と思う方もいると思いますが、

病院に行く目安はこちら。



痛くてしっかり睡眠が取れない!

・痛みで目が覚めてしまう



こうした症状は「夜間痛(やかんつう)」と言い、五十肩で特徴的な症状です。

この時期はまず痛みを落ち着かせることが主体になりますので、

病院で注射もしくは痛み止めを処方してもらい、

リハビリの先生と一緒に楽な姿勢を探すことが大事な治療です。


そのほか、五十肩の炎症期の痛みはとても痛いのだけど、

赤くなったり腫れたりしないという特徴があります

ですから、肩に赤みがあったり腫れて熱を持ったりしている場合は五十肩ではない可能性がありますので、病院へ行き診察していただいてくださいね。


痛みが落ち着いてきたらいよいよリハビリの時間!

からだフィズでは痛みコースで対応致しますので、肩関節周囲炎と言われた方はご相談くださいね。






乃木坂 / 赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

今回も引き続き、五十肩(肩関節周囲炎)の話です。


五十肩(四十肩)という言葉を聞いたことがある方は、多いと思います。

ちなみに、外国ではFrozen shoulder (凍結肩)と呼んだりもするそうです。

フローズンって、「かたまってそう」な感じがしますよね。


この、よく聞く「五十肩」の難しさはもう一つ理由があります。

それは・・・


症状の出方や経過が違うこと!


五十肩を経験したことがある方の中には、

「前に一回五十肩になった時は、痛かったけどすぐ治った」

という方が結構いらっしゃいます。

そこで、次に痛くなった時もすぐ治るかな、なんて放っておくと・・・

今度は治らない!ということが起きたりします。


一般的には「炎症期」「拘縮期」「回復期」という3つの時期に分かれていますが、

全員が全員、毎回この3つを経験するわけではありません。


ただ、ずっと五十肩を放っておくとかたさが出てきて、

プラス痛みで筋力が出せなくなってしまうので、

かたさ+筋力低下=肩が上がらない という大変な状況に陥ります。

放置すればするほどリハビリが大変になっていくので、できるだけ早めに手を打つことが大切です。

(特に90度(床と平行)まで手が上がらないという方は改善するのに半年以上かかるケースが多いです)


肩が上がらなくなってずいぶん経つなあという方、

洗濯物は片手で物干し竿に引っ掛けて干してるという方、

キッチンの上の棚から物が取れないという方、などなど

お困りの方は「痛みコース」で相談してくださいね。



乃木坂 / 赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

ここしばらくは股関節の話題でしたが、今日は久しぶりに肩の話題です。


一般的には五十肩や四十肩などと呼ばれますが、

診断名としては「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」という名前がついています。


どんな症状があるかはご存知の方が多いと思いますが、

・肩が痛い(特に寝ているときに痛い)

・かたくて動かせない

この二つが大きな症状です。


肩関節周囲炎がどうやって診断されるか、それが難しさのひとつの理由です。


『レントゲン等をチェックしてもほかの病気がない』


という肩の痛みが、肩関節周囲炎として扱われます。


ということは、ものすごくざっくり言うと、

「肩のどこかで何かが起きているけれど、何が原因かははっきりしない」

ということなんです。

原因は不明、だからリハビリも難しくなります。


もうひとつは、以前の記事で書いた肩の特殊な構造にあります。

(詳しくは 肩こりの原因はどこに?「肩」とはどこを指すのか を参照)

肩は広い意味で5つの関節から成る構造なので、リハビリでは原因がどこにあるかを探しながら進めていくことになります。

もちろんどこか1か所が原因ということはなく、

複数の箇所が関係することが多く、

しかもそれは人によってかなり異なります。

したがって「こうすれば治る」という絶対的なレシピはなく、ひとりひとりの状態にあわせた治療が必要になります。



乃木坂 / 赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

ありがたいことに股関節の新コースモニターにたくさんのお問い合わせをいただきまして、少しずつ実際のトレーニングがスタートしています。

実際にトレーニングを行なってみてわかることも多く、本格的なコースのスタートまでに改良していきたいなと思っています。


このトレーニングコースの自主トレは宿題形式をとっています。

皆様に宿題の内容が書かれた紙をお渡しし、行なったらチェックして次のトレーニング時に持ってきていただきます。

その時に、こちらで皆様が一週間でどれくらいトレーニングできたか見るわけです。


すると、

モニターさんの宿題の遂行率が、まあ高い!

意欲の高さにもびっくりしております。

もうちょっとトレーニング内容増やした方がいいのかな・・・?


↑ちなみに許可を取って後ろ姿を撮らせていただきました。

股関節、なのにふくらはぎの機能チェックをしてるところです。



どのモニターさんも股関節の動きに関して悩みを抱えていらっしゃいます。

早めにスタートしてトレーニングの回を重ねてきた方は、少しずつ成果が出始めてきました!

動画を撮って初回と比較すると、

以前は斜めにあげていた足が真っ直ぐあげられるように・・・!


ちなみに股関節のモニターの方は、

手術をしていない方と、手術後の方、両方いらっしゃいます。

10月末までモニターは受け付けますので、興味がある方は問い合わせフォームからお問い合わせくださいね!



みなさんこんばんは!

乃木坂/赤坂のリハビリ&リラクゼーション からだフィズです。

今日は少し違う視点からの話題です。


昨日はGLANさんにお越しいただき、整理収納の相談をさせていただきました。

からだフィズも創業1年を過ぎ、少しずつ物が増えて来ました。

きっと今後もトレーニング道具や本を中心に物は増えていきます。

特に専門書!

買ってしまいますが大きいし分厚いしで収納が大変です。


そんな悩みもあり、今後のためにも片付けのヒントが欲しいなと思い、GLANさんにご相談させていただきました。

最初に今現在の片付けの悩みをお話しし、「クセ」を知るために『わけるくん』というツールを使ってみることに。

わけるくんについて詳しい説明をしてしまうと、先入観ができてご自身の結果が変わるかもしれないのでここでは割愛します。


私自身の結果は、大きなところを書くと

・「感覚派」

・わりと見た目も大事


買い物をするときにはしまうことを考えて買わないと、当然ですが収納できません。

わかってはいるのですが、

『機能としてはこれくらいでいいけど、見た目を加味するとこっちがいいな』

なんて選び方をすることもしばしば。

『見た目』の基準は、『なんとなく』というなんとも曖昧な感覚・・・。

そういえば学生時代、実習指導の先生にも「お前は感覚で生きてるな」と言われたのを思い出しました(笑)


↑ちなみにこちらはパンフレット



こうしたクセを踏まえ、たくさんの片付けのアドバイスをいただきました。

本当にありがとうございました!


GLANの代表の村橋さんは、生活空間や職場空間の整理収納のアドバイザーとして活躍されています。

笑顔が素敵でアドバイスも的確!


実はリハビリの場面でも、部屋の片付けがネックになることがしばしばです。

転ばないように、

腰を痛めないように、

車椅子が通れるように、

などなど、普段の移動や家事、作業などでも物の位置や道具の選び方など調整が必要なことが多々あります。


できる時に少しずつ片付けるのは体にとっても大事なこと!

ご興味がある方はぜひGLANさんにご相談くださいね。

GLANさんWebサイトはこちらから↓

https://glan-life.com/