BLOG

 7月に入りましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


 さて、どこが痛いですか、と聞かれて「どこもかしこも」という方が中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 本日書くのは、からだフィズに通っていらっしゃるお客様で複数の症状を抱えていらっしゃる方の話です。


 30代男性のお客様は首の痛みと肩の痛み、股関節の痛みを抱えてからだフィズにいらっしゃいました。

 1年弱ほど前に趣味のスポーツ中に首と肩を痛めてしまい、その半年後には同じくスポーツの練習中に股関節を痛めてしまいました。幸いどの箇所もレントゲンでは問題がなく、徐々に痛みが軽くなってきたものの、すべてはよくならず痛みが残っていました。

 日常生活は送れるし仕事にも行けます。ただ、じっとしていても首の痛みはあるし、手足を動かすともちろん痛い。だから、スポーツも軽くしかできない。

 加えて以前首のヘルニアの手術を受けているので、このまま自己流に進めるのも心配。


 そこで、専門家に指導してもらって痛みや動きがよくなってしっかりスポーツを再開したい、というご希望でからだフィズにいらっしゃいました。


 ちなみに最初は、

・朝、目が覚めて起き上がるときが一番首が痛い

・上を見る(見上げる)と特に首が痛い

・痛いほうの肩を下にして寝られない

・手を上げたりぶら下がったりすると肩が痛い

・しゃがんだりソファに座ったりすると、立ち上がるときに股関節が痛い

・股関節が安定しないような感じがする

こういった症状がありました


 問題点は様々ありましたが、ポイントになったのは

「筋肉の付き方がアンバランスなこと」でした。

トレーニングがお好きな方の中に時々お見受けするのですが、

トレーニングしやすい胸の筋肉(大胸筋)や腕の筋肉(上腕二頭筋)などはとても発達しているのですが、背中の筋肉やお尻の筋肉はあまりトレーニングされておらず、その筋力差が大きすぎて姿勢や動きのバランスが崩れてしまっていることがあります。

 これも、時に痛みが長引く要因になることがあるのです。 


 ただ、トレーニングがお好きなのは大きな利点でしたので、通常より多く家でできるトレーニングを指導させていただきました。

 からだフィズに通う頻度は週1回、筋力アップには自主トレが大事です。

 目標回数を決めて、正しいフォームで達成できたら自主トレを一段階上にあげる。

 そうした方法で徐々に筋力がアップして症状も良くなってきました。


現在は

・じっとしているときも、上を向いても首の痛みはない

・少し動かしてから起きれば朝も首は痛くならない

・手を動かしてもぶらさがっても肩の痛みがない

・どちらの肩を下にして寝ても痛みはない

・股関節の痛みもほとんどない

(からだフィズ初回を10の痛みとすると現在は0.5だそうです)

もちろん趣味のスポーツもしっかり再開されています。

現在は、少し残る違和感の改善と、スポーツ中の動きがよくなることを目標にからだフィズに通ってきていらっしゃいます。


 こんな風にいろんな箇所に症状があるときはもちろん時間もかかるし、地道な努力も必要にはなります。普段の生活や仕事もある中でリハビリトレーニングをするのは大変だなと思われるのではないでしょうか。


 ただ、からだフィズの利点は「その時その時の体調に応じてメニューを変えられること」です。仕事が忙しくて疲れている時はトレーニングよりもストレッチやリラクゼーションメニューを多めに入れますし、元気なときはしっかりトレーニングを入れます。


 いずれにしても毎回最初に体調を伺ってメニューを決めますので、忙しくてなかなかからだをケアできないという方にも安心してご利用いただけますので、お気軽にご相談くださいね!





 



 今日は少し違うテーマで、最近気になっていることを書いてみようと思います。


 ときどきメディアでも取り上げられますが、子育てと介護を同時に行うことを「ダブルケア」と呼んでいるのだそうです。

 平成28年の内閣府発表によると、ダブルケアに携わる人は全国で25万人(女性17万人、男性8万人)、現在はもう少し増えているのではないでしょうか。

 ダブルケアにあたるケースの多くは、

 ・自分の子供の育児と親の介護・・・30代~40代の方

だそうですが、最近よく聞くのは、

 ・孫の育児と親の介護・・・60代~70代の方

というケースです。今回はこの2つ目のケースについて書いていきます。

 一口に「育児」や「介護」といっても、中身は様々です。

 もちろん家事もあれば保育園への送り迎えもあるし、身の回りの世話もあれば買い出しもあります。

 お話を聞いていて、育児と介護の両方が重なると大変なことは特に、

 ・移動が多い・・・送り迎えや買い出し(学校で必要なもの、介護用の物を探すのは大変)、実家に様子を見に行く(介護施設に会いに行く)

 ・「動かせない時間」が多い・・・送り迎え、病院等の予約、デイサービスから帰ってくる時間には家にいなければならない、など

 ・自分の時間がない・・・単純に時間がない、急な呼び出し等に対応するため予定を入れられない 

 ・目が離せない・・・危険なことをしないか常に見ているので精神的に疲れる  など


 体力的にももちろん大変ですし、時間がないから友達に愚痴を言うこともできないし、本当にイライラしてストレスが溜まってしまうこともあるそうです。

 特に60代から70代の方で育児と介護を両立している方は、膝や腰、肩などからだのどこかに痛みを抱えていることも多いのですが、時間もないので自分のからだをケアすることができません。

 「介護が少し落ち着いたので来れました!」

 「今日は自分の時間が少し作れたので行きます!」

 なんてお客様から伺うと、いらしてくださって嬉しい反面、どうにかしてサポートできないかなと思うのです。


 からだフィズにいらっしゃる間は気を抜いていただいて、もちろん介護の相談にも乗りますし、よければ愚痴も聞きます!

 時間が許すときは、痛いと訴えているからだの声に、耳を傾けてあげてください。

 からだフィズも「子供を送ったあとの時間」や「親がデイサービスにいっている時間」など、すきま時間のからだのケアをサポートしていきますので、ふだん時間の調整が難しい方もご相談くださいね。


 

 みなさまこんにちは!

 今日の赤坂は・・・暑いです!日差しが強いですね。


 さて、本日も腰痛予防の話ですが、先日の研修の内容から、特に驚いた話をご紹介したいと思います。


 以前消防署を見学させていただいたときには、隊員のみなさんが始業時に準備体操をしてから訓練を開始していらっしゃいました。

 製造業や建設業なども、作業前に準備体操をするところが多いそうです。

 では、医療関係はどうでしょうか・・・?

結果はこの通り!

た、確かに、病院勤務時代もデイサービス勤務時代も、

自分自身がほとんど準備体操をしたことがない・・・。

病棟でもスタッフさんが体操をしている光景を見たことがない・・・。

看護や介護関係のスタッフは出勤すると引継ぎしてすぐ仕事に入ってしまうので、体操をしていないんですね。


ちなみに準備体操だけでなく、仕事の合間の体操も大事。


腰痛だけでなく、目の疲れや肩こりも改善したというデータがあります。

患者さんの移動や入浴介助のあとなど、ちょっと体操をしてから次の仕事に移ると腰痛は改善できる可能性があることがわかります。


体操の内容は、準備体操としてはラジオ体操を使うところが多いようですが、

合間の体操は個々の業種によって疲れやすい筋肉にターゲットを絞って体操するようなので、内容は様々なようです。


ひとりで続けるのは難しいので、できるだけ業務の一環としてスタッフみんなで行うのが理想です。

からだフィズは、とりあえずひとりから体操を始めてみようと思います!




 本日の赤坂は晴れて気温も上昇しておりますが、先週末は激しい雨が降ったりと天候の変化が忙しい日々ですね。みなさまの体調はいかがでしょうか。


 さて、本日は久しぶりのブログ更新ということで、週末の研修の様子と内容を書かせていただきたいと思います。

 Facebookでは少し書きましたが、秋田へ行って参りました!

 初の秋田、研修後は暴風雨に見舞われましたが、研修自体はとても楽しかったです。


 今回の内容は、「職業性腰痛予防講師育成研修会」です。

 要するに、仕事に関連して起こる腰痛をどう予防していくか、という内容です。


 一生で腰痛を経験する人は全体の8割を超えるそうです。

 ちなみに仕事内容と腰痛には関係があるのか、というのが次の表です。

 厚生労働省の統計資料から一部抜粋して表を作成しています。(縦軸の単位は%)

 ここからわかることは、


 保健衛生業(看護や介護に携わる人)の職業病と言えば「腰痛」!


 ということです。

 お仕事上のけがや病気として報告されたうちの8割以上が腰痛だというわけです。

 確かに、病院時代もコルセットを巻きながら入浴介助をするヘルパーさんや看護師さん、よく見かけましたね。


 製造業は仕事柄腰痛になりやすいのかな、と思いがちですが、実は事務職や営業職、はたまた介護職などよりも腰痛の方の割合は少ないのです。

 というのは、職場での対策がかなり進んでいるからなのだそうです。


 自分は作業するような仕事じゃないし、と思っている方、

 今まで腰痛になったことがないから大丈夫、と思っている方、

 腰痛になると仕事に集中しづらくなるし、なにより痛い!

 ぜひ、仕事をする「環境」を一度見直してみてくださいね。


 

 みなさんこんばんは。梅雨に入りましたが如何お過ごしでしょうか。

 さて、本日はひざの痛みがあるお客様のケースをご紹介します。


 いらっしゃったのは60代女性のお客様。

 たくさん歩いた後にヒザの内側が痛くなり、なかなか良くならないということでからだフィズにいらっしゃいました。

 多くの方が、「ひざが痛い=変形性関節症じゃないの?」と不安になる方が多いようです。このお客様も、関節が悪くなったのではないかと心配していらっしゃいました。

 症状は、

・ヒザ自体は腫れたり熱を持ったりしていない

・水が溜まっている様子もない

・歩く時や階段の昇り降りの時にヒザが痛い

・グッと深く曲げた時に痛い

・全部ヒザを伸ばし切ろうとしても痛い

 と、こんな感じでした。


姿勢や歩き方から、痛い場所にたくさんストレスがかかっていると考えられたので、

痛みの強さをみながらその原因を少しずつ取り除きつつ、

痛くない範囲で筋力トレーニングをしていただきました。

結果、このお客様は3回のご来店で95%痛みがなくなりました。


 ヒザが痛いという声はよく聞きますが、必ずしも関節が悪くなってヒザの痛みが出るわけではありません。筋肉や靭帯、脂肪や腱などヒザには色々な組織があり、それらが原因でヒザが痛くなることがあります。

 ですから、関節が悪いからと諦める前に、ヒザに負担をかけている別の要因を取り除いてあげると、痛みが楽になることがあります。

 ご自分のヒザ、諦める前に一度ケアしてあげてくださいね。もちろんからだフィズでお手伝いさせていただきます。

 




 

 

みなさまこんにちは。

6月に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。


さて、からだフィズはみなさまのおかげで1周年を迎えることができました!

これも日ごろから応援してくださる皆様のおかげです。


少しでもからだフィズからみなさまにお返しがしたい、ということで

1周年記念のキャンペーンを行うことに致しました!

内容は・・・


60分コース 税込8,640円→税込7,000円

30分コース 税込4,320円→税込3,500円

(新規ご利用の方1回のみ)


専門家の施術が20%OFFで気軽に受けられるまたとない機会です。


日ごろから腰や膝の痛みにお悩みの方、

そのうち治るかな、と思いながら痛む肩や首をさすっていらっしゃる方、

1周年記念キャンペーンは6/30までですので、お早めにご予約ください!

赤坂でお待ちしております。


 みなさまこんばんは。

 暑い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか?


 さて、久しぶりに肩こりの話題に戻ります。(続いていたんです)

ストレス解消での肩こり解消について、今回も「自律神経」に焦点を当てて書いていきます。

 今回の解消法はズバリ!


 生活習慣を見直す!


たぶんまた、そんなの~?って言われそうですが・・・

でも、大事なんです!

中でも「しっかり休養をとっているか」について考えてみましょう。


②良い眠りを確保する!

眠っている間にからだは回復しますので、しっかり眠らないと体には疲れが残り、肩こりの原因になってしまいます。

睡眠時間の目安としては、

1日7時間を目安に睡眠時間を確保

してくださいね!


眠りの質が良くないなと思っている方は、

・目覚ましのアラームは携帯ではなく時計にして枕元に携帯を置かない

・寝る前はなるべく携帯を見ない:交感神経がOFFになれません

 同じ理由でベッドに仕事の道具を持ち込まないのも大事です

・できるだけいつも同じ時間に起きてリズムを作るようにする

睡眠時間が確保しづらい方は、質が良くなるように上のようなことを心がけてみてくださいね。


携帯(スマートフォン)の使用時間が長い方は、時々意識して「デジタルデトックス」をすると、乱れた自律神経の働きを整えることができます!


新聞や雑誌、本や腕時計など、モノと過ごす時間もたまにはいいですよね。

時にはアナログ生活、してみると肩も心もリラックスできますよ!




 みなさまこんにちは。

夕方になって現在の赤坂は少し日射しが落ちいてきました。

今日は朝から気温がぐんぐん上昇して暑かったですが、熱中症にはなっていないでしょうか?

屋外はもちろんですが、火を扱うような高温の作業場の方は特に気を付けてくださいね。


 トランプ大統領が来日されるからでしょうか、赤坂の街には警察官の方を多くみかけます。

 この気温の中、立ちっぱなしです。本当にお疲れ様です。

 

 「立ちっぱなし」で思い出したのですが、

立ちっぱなしというのは腰痛の原因のひとつでもあります。


大事なのは、立っている間もできるだけ足を動かすこと!


太ももから動かせば一緒に骨盤も動くので、腰の筋肉がゆるんで楽になります。

つま先を動かせば、むくみを減らすことができます。

アキレス腱伸ばしなどもいいですね!


休憩の時に加えて、

・しゃがむ

・からだをねじる

・からだの体側を伸ばす

といった大きなストレッチをすると腰の疲労がたまりにくくなります。


立ちっぱなしの時間が長い警備やサービス業などの方は、仕事の都合上大きな動きが難しいと思いますが、合間合間でこっそり「プチエクササイズ」をして腰痛が起きないように予防してくださいね。


そして、水分補給も忘れずに!

 みなさんこんにちは。からだフィズです。

今日の赤坂はとてもいい天気!ちょっといい天気すぎて日射しが暑いですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。もう日焼け止めが必要ですね。


 さて、今日は股関節の手術後のお客様のお話です。

 変形性股関節症に長年悩んでいた60代の女性のお客様は両側同時に人工股関節に置換する手術を受けました。手術して1週間はしっかり病院でリハビリして、自宅に退院。

 からだフィズにいらっしゃったのは次のようなお悩みがあったからだそうです。


 ・退院したあとは週1回リハビリに通っているが、1回20分しかない

 ・ほとんど自主トレーニングであまり理学療法士さんに診てもらえない

 ・先生に「なんでもしていいよ」って言われるけど不安

 ・歩くことに自信がなくて1カ月ほとんど自宅から出なかった

 ・長年股関節が痛かったので足を引きずるように歩くクセが残っている

 ・旅行に行きたいと思っているが行けるかどうか心配している


  退院直後は特に、動くのがとても不安だという声を多く聞きます。

 そうした不安な気持ちがあっても、退院するととたんに相談する人がいなくなってしまうので、余計に動くのが怖くなってしまう、というループに陥ってしまいます。

 

  そこで、からだフィズではお客様のからだをチェックし、お客様のいいところと苦手なところをはっきりさせました。

 いいところを知るってすごく大事なんです!

 それから股関節周りをしっかりストレッチして、病院では習っていないエクササイズを一緒に行い自主トレとして指導させていただきました。

 そこでこのお客様は安心し自信につながったそうで、翌月旅行にも行かれました!


 人工股関節はもちろんですが、RAO(臼蓋回転骨切り術)や大腿骨骨切り術等の術後の方もリハビリ対応致しますので、お問合せくださいね。

 みなさまこんにちは。

激しい風雨に見舞われましたが、通勤や通学は大丈夫でしたでしょうか?今現在の赤坂は雨がだいぶ小降りになって落ち着いています。


 さて、今回は腰痛のお客様の話を書きたいと思います。

 先日、50代の女性のお客様から一本の電話がありました。

 「急に腰が痛くなったので診ていただけませんか?」

 いらっしゃったお客様は着くなり這うようにして診療ベッドへ。


 痛くなったのは2日前だそうです。

 思い当たるきっかけは

・最近とても忙しかったので体は疲れていた

・でも調子はよかったので重い掃除機で掃除した

・ストレッチしたら痛くなった

ということでした。


 なんとか動けるものの「腰が伸びなくて自然に前かがみになっちゃうんです」。

腰の周りの筋肉は張ってかたくなっていました。


 みなさんはマッサージをしてもらったときに

『筋肉がかたくて全然指が入りませんよ~』

と言われたことはありますか?


 このお客様の場合、もともと「反り腰」(腰が反っている)でした。

 こうした場合、腰をマッサージするだけでは筋肉は柔らかくなりません。

 その場合どうすればいいのか?


 もちろん、腰以外の場所から始めるわけです!

(今回は足からスタートしました)


 治療後は痛みもかなり減ってからだも伸びて帰宅されました。

 マッサージしてもなかなかほぐれないという方、いつも「指が入らないくらい筋肉が凝ってます」と言われる方はからだフィズで姿勢からチェックしますので、ぜひ一度いらっしゃってくださいね!




 みなさまこんにちは。本日の赤坂は暗い雲がかかっています。

雨が降りそうな雰囲気ですが、大丈夫かな・・・?


 さて、今日はお客さまのケースをご紹介。

60代の女性のお客様でひだり肩の痛みがあり、からだフィズにいらっしゃいました。

ただ、肩と言っても腕に近い場所。

周りの方に話を聞くと、自分の症状は五十肩とは違うなと思い、専門家にみてほしいと思ってこちらにいらっしゃったそうです。

重いものを持ったり、手を上げたり、ふいにひねったりするときに「するどい痛み」があり、困っていらっしゃいました。


 治療前にからだの動きをチェック。自分で鏡をみていただくと・・・

「あれ、こんなに首うごいてなかったんですね」

「左肩、全然上がってないですね・・・気づかなかった」

日常生活はそれほど不自由しているわけではないので、動きが悪くなっていることに気づかなかったんだそうです。


治療前(左)と治療後(右)の動きを比較した写真はこちら。

 痛みは少し残っていますが首もひだり肩も動きはかなりよくなりました。

もちろんお客様の状態によって1回で変わる方、時間がかかる方、それぞれいらっしゃいます。

ただ、多くの場合、痛くなってからの時間が長ければ長いほど、よくなるのに時間がかかる傾向にあります。

 (ちなみにこのお客様の場合は痛くなりはじめてから1カ月ほどでした)

 全身にアプローチしていますが、重点的に治療したのは背中と首でした。


肩の痛みといってもひとそれぞれ原因が異なるので、治療の前にきちんと検査をするのが大切です。みなさんもおかしいなと思ったら専門のスタッフに診てもらうようにしてくださいね!

 みなさんこんにちは。本日の赤坂は雨模様。現在は降ったりやんだりの弱い雨ですが、このあと強くなってくるようですので、お帰りの際は気を付けてくださいね!


 さて、久しぶりに肩こりの話題に戻ってきました。5月も半分が過ぎましたが、みなさん連休中の疲れを抱えたままお仕事をしていませんか?


 肩こりの原因のもうひとつは「ストレス」と書きましたので、肩こり解消法のひとつは必然的に「ストレスを解消する」ということになります。

 ストレスを解消する方法はお好みがあると思いますが、ここでは、


「スイッチが入りっぱなしになってしまった交感神経の働きをOFFにする!」


ことでの肩こり解消法に焦点を当てていきます。


自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経が優位になると、脳神経は興奮し、血管や筋肉はぎゅっと収縮し、心拍数が増えるなどのからだの反応があります。

交感神経がOFFというのは、副交感神経が優位になるということです。

副交感神経が優位になると、胃腸の働きが活発になり、血管や筋肉はゆるみ、心拍数は減少するなどの反応が起こります。


・・・もうおわかりでしょうか。

そう、肩こりを解消するためには交感神経の働きをおさえ、副交感神経の働きを上げればよいのです!


ただしここで問題がひとつ。

自律神経は「自律」と書くくらいなので、意識的に働きを調整するのは難しい神経でもあります。ですから、少し工夫が必要なのです。


①呼吸を意識する

・ヨガ

・ピラティス

・マインドフルネス

こうした運動のよさは呼吸法にあります。

呼吸に意識を向けることで心拍数は下がり、交感神経の働きを抑えていくことができますので筋肉もゆるみます。

やり方がわからない!という場合はただ瞑想するのもOK!

5分でもいいので静かな場所でゆっくり呼吸しながら自分の内側に意識を向けて、頭の中のいろいろな考えは追い出してあげると効果的です。

「こうしなきゃいけない」と方法にこだわるよりも、昼休みの1分だけでも目を閉じてみてくださいね。意外とすっきりしますよ!