からだフィズについて

オーストラリアで研鑽した確かな技術と丁寧な施術で
「動きやすいからだ」に

からだフィズは乃木坂駅・赤坂駅近くでリラクゼーションとリハビリを提供するサロンです。

普段、仕事や家事を頑張る一方で、からだに無理を強いている方、多いのではないでしょうか。

専門家と一緒に自分のからだを見直してケアをすることで、仕事も趣味もより楽しむことができます。

親しみやすいスタッフがお待ちしておりますので、気軽にご相談ください!

動きに「機能性」と「美しさ」の両方を

 

  「手は挙がるけど、実はちょっと洗濯物を干すのが大変」

  「確かに歩けるけど、みんなと一緒に歩くと自分の姿が気になる」ということはありませんか?


    日常生活で気になっているけど、とりあえずは動くので放ってしまっている、そういう方はぜひからだフィズにご相談ください。少しのリラクゼーション、少しのリハビリで変わることがあります。

そして、動きの「機能性」と「美しさ」は両立できます。

疲労の緩和と不便の解消に加え、美しい動きも手に入れませんか。


 病院を退院する時にリハビリテーションを終えて、「歩けるようになったけどちょっと動きがかたくて」と思うことはありませんか?

また、仕事復帰にあたって、通勤や実際の仕事が大丈夫か不安に思うことはありませんか?


  こういった不安を抱えていても、今はなかなかサポートをしてくれる場所がないのが実情です。

  単に日常を送るだけでなく、社会生活をアクティブに生きて行きたいという皆さんを支えたい、そういう思いでからだフィズは生まれました。


目標を立てて、納得するまで根気強く

 

   みなさまの話を、聞かせてください。


 病院勤務時代はお話をしたくとも十分な時間をとることが困難でした。

   しかし、ひとりひとりの状態を把握するためにも、そして素敵な姿勢を手に入れるためにも、まずはお客様の話を聞くことが重要です。ですから、まずはスタッフにみなさまの状態やご希望などを聞かせていただきたいのです。

   こんなことまで必要ないかな、ということが実は検査や治療においてとても重要な鍵になることが多々あります。

   ですから、どんなことでも、気になることはスタッフにお話ください。


 科学的見地から見ても、「自分自身で明確な目標を立てる」ということが機能アップや慢性痛の改善には重要な要素であると言われています。

    したがって、からだフィズではみなさまと一緒に目標を立て、気になることはその都度一緒に話し合いながら、納得するまで機能改善に取り組みます。


ここにしかない、専門的なケアを

 

  メニューは退院後の機能アップ、痛みやしびれ、違和感など症状の改善、リラクゼーションの3本立てでご用意しています。

  さらに当院のコンセプトは「カウンセリング(問診)」「評価(検査)」「治療」「教育(指導)」の4つをアプローチの柱としており、どのコースにも割合を変えてこの4つの柱を含めているのが大きな特徴です。


 個々人にあわせてセッション内容を決めますので、体力に不安がある方でもご利用いただけますのでお気軽にご相談ください。

    現在はどのコースも料金設定は同額となっておりますので、例えばご自分が退院後コースと疼痛改善コース、どちらを選んでいいかわからない場合は予約時にどちらを選んでいただいても構いません。

    実際にお越しいただいた際にお話を伺い、治療方針を決めて参りますので安心してご予約ください。


 リラクゼーションメニューも、簡単ではありますが最初に評価をさせていただいてから治療に移ることで、より大きな効果を得ることができます。


オーストラリアンアプローチって?


   問診(カウンセリング)から原因を推察し、それをもとに的確に検査・治療し、生活のアドバイスなど適切な情報提供を行う、その一連のプロセスは主にオーストラリアで学術的・技術的に発展してきました。


   同じ症状を抱えていても、原因は人それぞれ。

なぜならひとりひとりが違う歴史を持ち、生活スタイルも違うからです。

したがって、原因を知るにはまずお客様とのコミュニケーションが不可欠なのです。


   さらに、背骨や関節、筋肉の動きや配置をひとつひとつチェックしてピンポイントでアプローチする検査・治療技術が治療後の「からだの違い」を生み出し、自分でできるストレッチやエクササイズをお伝えすることで効果の維持・さらなる改善を図ります。


   からだフィズではこれまでの診療経験から日本人に合うようにオーストラリアンアプローチをベースに一部改良して独自に発展させ、「あなただけの治療」を提供させていただきます。


プロフィール

代表:及川 しのぶ (Shinobu Oikawa)                     

資格:理学療法士、呼吸療法認定士

理学療法士の資格を取得後は大学病院に勤務。その後、リハビリ先進国のオーストラリアに渡り、大学院の理学療法技術専門のMasterコースを修了。帰国後は介護施設や医療機関に勤務し、リハビリ業務に従事。